神の乳母 2話のネタバレ

神の乳母~異形に奪われた妻~

異形の触手で
子宮口を舐められ…

(かみのめのと)
神の乳母
~異形に奪われた妻~
2話はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母~異形に奪われた妻~
2話 「それ以上イかされたら壊れちゃう!」その触手は私の膣内を蹂躙し愛液を啜りました

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 2話のネタバレをご紹介していきます!

神の乳母2話では、ついに人妻が異形に侵されてしまいます。

ベビーシッターの相手はまさかの人間じゃない!?

異形に乳房をしゃぶられ続け気が狂いそうになってくる百合恵。

必死で異形を突き放そうとしますが、思うように体に力が入らず畳に寝転んでしまう…

寝転んだ瞬間、百合恵は異形の下腹部からへその緒のような物が生えていることに気づきます。

その見た目はまるで太い男性器のようで、百合恵は本能的に悍ましさを感じ必死に異形を突き放そうと抵抗する。

しかし、百合恵の必死の抵抗も虚しく異形の太いへその緒はスリスリと股間に迫ってきて、百合恵の下着の上でピタッと止まり、何かを探すようにモゾモゾと下着の上を弄りはじめる。

そしてついに、太いへその緒は下着の中へと潜り込んできて…

「ひっ…いやっ……」

異形の悍ましい触手で子宮口を舐められて…

「あう…あ‥あ…」

生涯を通して夫にしか許した事のないその場所に、異形のにゅるにゅるとした触手侵入してくる。

そして、触手は夫の物ですら届かない膣奥深く…子宮口にまで容易に至ってしまう。

異形の触手の先端は舌のような物がついていて、その舌で子宮口を直接舐められ未知の感覚にはしたない声が溢れ出てしまう百合恵。

「そこ…赤ちゃんの部屋だから…あなたは入っちゃダメなの…ひあああぁあああんっ!」

言葉では嫌がる百合恵だったが、その言葉とは裏腹に百合恵の膣内からはいやらしい体液が溢れ出る。

子宮口を延々と舐められ、あまりの快楽に情けない声を上げながら深い絶頂に至ってしまう百合恵。

「もう帰れる…」

と思った百合恵だが、異形が満足する気配はなく何時間と膣内を貪られ続け…

まとめ

神の乳母2話ではついに異形の触手が百合恵の膣内に侵入してきます!

触手で子宮口を舐められるという初めての感覚に悶絶しながら情けない声を上げて絶頂に達してしまう百合恵の姿がエロいです。

すっごく気持ちよさそうな表情をしている百合恵が印書的でした。

神の乳母~異形に奪われた妻~
2話はこちら
↓↓↓↓

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 3話のネタバレはこちら↓

神の乳母 3話のネタバレをご紹介しています。異形の触手で執拗に子宮口を攻め立てられ…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする