神の乳母~異形に奪われた妻~6話のあらすじ

神の乳母~異形に奪われた妻~ 6話

異形の触手で
何度も何度も強制的にイカされて…

(かみのめのと)
神の乳母
~異形に奪われた妻~
6話はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母~異形に奪われた妻~
6話はこちら

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母~異形に奪われた妻~【6話】のあらすじ

6話 「好きなだけママの中に出して」成長してオスとなった異形との生殖行為

今日は成長した異形と初めて「性交」を行う日。

神守さんが見守る中、その儀式は始められた。

畳の上に裸で四つん這いになりケツを突き出す百合恵。

「いい子ね…こっちよ。あなたの逞しいものを…私の中に挿れて!」

と自分のアソコの匂いで、異形をおびき寄せる。

すると後ろからぬぅ…と大きな身体をした異形がやってくる。

百合恵の体液を毎日すすり続けた異形の体は更に大きくなり、いまでは成人男性よりも大きな身体になっていた。

そして、以前へその緒のようだった触手は形を変え、逞しい男性器になっていた。

「マ゛…マ゛…」

と気持ち悪い声を上げ、百合恵に迫ってくる異形。

そして、百合恵のアソコに勃起してパンパンになったペ○スをねじ込んでくる。

異形の巨根を奥までねじ込まれ、たまらず絶叫する百合恵。

「ひぐっ!ああ゛ーーあああ゛ーー!!!」

初めての交尾に興奮状態の異形は、百合恵を制服しようとするかのように激しく腰を振りはじめる…

神の乳母~異形に奪われた妻~
6話続きはこちら
↓↓↓↓

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母~異形に奪われた妻~【6話】の感想

異形と初めての性交を終えた百合恵はさらに異形の事が愛おしくなり、異形の巨大なペ○スを自ら咥えはじめます。

「ああ…こんなに逞しいもので私を愛してくれていたのね。」そう言って、異形の逞しいペニスを愛おしそうに頬張る百合恵。

今までは受身が多かった百合恵ですが、「女性としての義務を果たさないと…」と自ら異形に奉仕しまくります。

異形に奉仕する百合恵の姿は、とても色っぽくて女のエロいフェロモン出まくりです!

母ではなく、一人の女として異形に奉仕する百合恵の姿は必見ですよ!

神の乳母~異形に奪われた妻~
6話本編はこちら
↓↓↓↓

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 次話【7話】

神の乳母 7話(「私の大切な赤ちゃん…ちゃんと産んであげるから」そして妻は母になる)はコチラ↓

神の乳母~異形に奪われた妻~7話のあらすじをご紹介!神の乳母は7話で最終話となります。クライマックスには予想もしなかった意外な結末が…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする