神の乳母~異形に奪われた妻~1話のあらすじ

神の乳母~異形に奪われた妻~ 1話

若く美しい人妻が
悍ましい異形に迫られる…

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~
1話はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母~異形に奪われた妻~
1話はこちら

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母~異形に奪われた妻~【1話】のあらすじ

1話 「怖がらないで、その子は神様なんですから」妻は若く美しい身体を異形に貪られ…
「ただいま~~」

「おかえりなさいあなた」

優しい笑顔で夫を玄関で出迎える主婦の杉山百合恵(29歳)

若く美しく、料理上手な百合恵は夫にとって自慢の主婦だった…あることを除いては…

ある日、たまたま同じマンションの住人がベビーシッターのバイトを募集している事を知った百合恵は、夫に相談してみることに。

「上の階の神守さんがベビーシッターを募集しているらしくて、私引き受けてみようかと思うんだけど…いいかしら?」

「へぇ…同じマンションの人なら安心だし、いいんじゃないかな」

夫はそう言って、百合恵がベビーシッターを引き受けることに賛成する。

翌日、さっそく神守さんの家に向かう百合恵。

「ごめんください。704の杉山ですが」

するとガチャとドアが開き、ドアの隙間から神守さんがジーッと百合恵のことを覗いてくる。

「どなた?」

神守さんの異様な雰囲気に驚く百合恵。

「あ…あの‥ベビーシッターの件で…」

百合恵がそう言うと、神守さんはニコッと不敵な笑みを浮かべ

「あら…よくいらっしゃいましたわ。お入りになって…」

そう言って百合恵を家の中へと案内する。

ベビーシッターのバイトについて話をする二人。

話をしていくうちに、百合恵のことを気に入った神守さんは百合恵にベビーシッターを依頼することに。

「赤ちゃんにお顔を見せてあげてくださる?」

神守さんにそう言われ、赤ちゃんが居る部屋へと案内される百合恵。

真っ暗な部屋の中にぽつんと置かれているベビーベッド。

(なんだか祭壇みたい…)

そう思いながらも、赤ちゃんが大好きな百合恵は赤ちゃんとの初対面にワクワクしていた。

赤ちゃんがいるベビーベッドを覗き込む百合恵。

するとさっきまで笑顔だった百合恵の表情が一変し、一瞬にして険しい顔に…

ベビーベッドには、百合恵が想像していた赤ちゃんではなく、まるで虫と人間が合わさったような醜い姿をした異形の赤子の姿が…

神の乳母~異形に奪われた妻~
1話続きはこちら
↓↓↓↓

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母~異形に奪われた妻~【1話】の感想

神守さんの登場の仕方がマジ怖いです。

ドアの隙間からジーと覗き込む姿とか、不敵な笑みとか、なんかほんと異様な雰囲気ですね。

百合恵も神守さんの異様な雰囲気は感じ取ってましたが、まさか赤ちゃんが人間じゃないなんて思ってもいなかったでしょう。

異形の姿を見て腰を抜かしてしまった百合恵に、ズリズリと迫ってくる異形はほんと恐ろしいです。

このあと、きっと百合恵は異形に○○されてしまうんでしょうね。

百合恵が異形にどこまでされるか楽しみですね!

神の乳母~異形に奪われた妻~
1話本編はこちら
↓↓↓↓

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 次話【2話】

神の乳母 2話(「それ以上イかされたら壊れちゃう!」その触手は私の膣内を蹂躙し愛液を啜りました)はコチラ↓

神の乳母~異形に奪われた妻~2話のあらすじをご紹介!神の乳母2話では、異形の触手で膣内を弄られ悶絶する人妻の姿が見れます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする